豊平流そば打ち段位認定大会・四段事前審査会

豊平流そば打ち段位認定大会・四段事前審査会が道の駅豊平どんぐり村そば道場で本日から6日までの三日間行われ、本年は一日6名合計18名の参加予定者が居り高橋邦弘審査委員長の前で順次マンツーマンで審査を受け私は5番目に受けてきました。切りの最後に来たころ高橋審査委員長が試験中にも拘らず「落ちるぞ、落ちるぞ」と私に話しかけてくるので顔を上げてみると、「鞘が落ちるぞ」と言われます。切り板の左側に置いた鞘が、切りが進むに連れ駒板で徐々に左に押されてきて今にも落ちそうになっています。直ちに鞘をのし板の上に置き、透かさず「試験に落ちるのかと思いました」と切り返したところ顔は笑いながら「落ちるぞぉー」と言われました。また時計係が30分経過を告げ暫くしてから、いきなり「後二分です」と言います。「エッ」と驚いたところ「失礼しました、後7分の間違えです」と訂正しましたが、高橋審査委員長も透かさず「中山さんは、余ほど嫌われているんだなぁー」と言い返されました。

以上試験最中の出来事報告です。

 

来週11日の本試験「落ちない」様に、この話が「落ち」で済むように!

写真 (32)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA