夕刻5時から先週の認定会受験者で打ち上げ会を行い、受験体験談とそば打ち談議に話しは尽きず気が付けば深夜12時、今回都合が付かなかったメンバーの為に忘年会もしようと話がまとまりお開きとなりました。

宮崎そば打ち倶楽部の練習日、先週初段に合格したメンバーは今日から1kgでの練習になりますが、初めての1kgに全員が戸惑いながらの練習になりました。また今回から81歳になる方が道具を揃えてメンバーに加わりました。積極的にそば打ちに取り組んでおりこれからが楽しみと共に、若い方の刺激になる事と思います。

 

夕刻5時から先週の認定会受験者で打ち上げ会を行い、受験体験談とそば打ち談議に話しは尽きず気が付けば深夜12時、今回都合が付かなかったメンバーの為に忘年会もしようと話がまとまりお開きとなりました。



眼科主治医によるそば会12名参加で今回は一品目は玄ソバの粗挽き粉20メッシュで蕎麦掻きを作り二品目は新そば奈川在来種黒松内産を二八でお出ししました。

眼科主治医によるそば会12名参加で今回は一品目は玄ソバの粗挽き粉20メッシュで蕎麦掻きを作り二品目は新そば奈川在来種黒松内産を二八でお出ししました。





全麺協素人そば打ち段位認定会、本日は二段位で我が宮崎そば打ち倶楽部からは3名が挑戦しましたが合格者2名と言う事になりました。

全麺協素人そば打ち段位認定会、本日は二段位で我が宮崎そば打ち倶楽部からは3名が挑戦しましたが合格者2名と言う事になりました。指導者として今回体験させて頂いた新たな事柄を次年度の認定会には生かせるよう努めたいと思っております。

 

帰りは途中にある何時もの難所?防府市に向け車を急がせ、チェックインを手短に済ませ毎度お馴染みの酒膳庵『天壱』に着くと既に山口そば遊人会の阿部さんが待っておられました。ビールで乾杯の後「十四代本丸」から「七重二十貫」まで途中で新たな十四代と店主お勧めの日本酒を加え呑み比べながら味わって行きました。料理を最初から最後まで写真に撮る事が今まで出来なかったので、阿部さんと今回は全部撮ろうねと話しながら最初の一枚は箸をつけずに撮っただけで後は箸をつけてから気が付く、又は撮り忘れたのが何点かありました。認定会で打った蕎麦を持ち込み湯掻いてもらいましたが、同時に店主が同じそば粉で打ったのも出して来たので食べ比べになり、打ち手によっての違いが際立っており、気が付けば既に12時を回っておりお開きとなりました。







全麺協素人そば打ち段位認定会初段受験者44名全員合格し、我が倶楽部の山口裕子が二番目の高得点者として優秀賞をアナウンスされた時にはおもわず一同歓喜の声をあげました。

全麺協素人そば打ち段位認定会初段受験者44名全員合格し、我が倶楽部の山口裕子が二番目の高得点者として優秀賞をアナウンスされた時にはおもわず一同歓喜の声をあげました。本日の審査委員の先生方と記念に写真を撮り、夜の祝宴にはサプライズで花とケーキを用意、ビール、ワイン、カクテル、日本酒、焼酎と大いに盛り上がったところ全員で会場を変えての二次会と深夜12時過ぎまで祝杯をあげました。





あす13日岡山県赤磐市で行われる全麺協素人そば打ち段位認定会岡山大会受験者6名と共にまだ夜が明けぬ5時に延岡を出立しました。

あす13日岡山県赤磐市で行われる全麺協素人そば打ち段位認定会岡山大会受験者6名と共にまだ夜が明けぬ5時に延岡を出立しました。昨年の受験者に好評でした倉敷の美観地区散策と大原美術館見学に充分時間を取るための早朝出立でしたが、午後2時前に着く事が出来たので正解でした。

宮崎ガスそば打ち教室三回コースの初日初体験者が今回三名でしたので、今週末行われる全麺協素人そば打ち認定初段受験予定者に其々付いてもらい、初心者を指導してもらいました。

宮崎ガスそば打ち教室三回コースの初日初体験者が今回三名でしたので、今週末行われる全麺協素人そば打ち認定初段受験予定者に其々付いてもらい、初心者を指導してもらいました。指導の様子を見ますとしっかりした指導をしており、初段受験者としてのそば打ちの理解も出来ている様で、認定会での結果を楽しみにしております。初段受験者がどの様な指導をしたか動画を載せました。













札幌市に在る「みなみ製粉の斉藤さん」が出雲そば祭り終了後、遥か遠方の(出雲より約600キロ)我が家を来訪してくれました。

札幌市に在る「みなみ製粉の斉藤さん」が出雲そば祭り終了後、遥か遠方の(出雲より約600キロ)我が家を来訪してくれました。昨年の弟子屈の新そば祭り(ブログ昨年8月27日httpvh://www.youtube.com/watch?v=BQhu_fx6Ntk動画参照)以来で九州は初めてという事で早速高千穂の観光に行ってきました。翌朝8時ごろ長野県松本のそば祭り参加の為出立、昼夜かけて約1100キロを一人で運転翌日の昼前に到着したようです。

今回手土産にイチイ樫で作った包丁立てを頂きました。組み立て式で持ち運びにかさ張らず、分解すれば一丁づつ包丁を立てる事が出来ます。斉藤さんの友人が制作しているとのことですが定価二万円で販売しているそうです。呑みながら斉藤さんと話したのですが、そば道具としての必需品ではないので、もう少し3~4割安く一万二千円~1万4千円位に下げれば販売数が増えるのではと僕は思います。話題性は有るので掲載しますので、購入希望者は札幌市に在る「みなみ製粉の斉藤さん」に連絡してください。価格は交渉してください。