延岡市若葉町にある児童養護施設「みどり学園」で午後3時からそば打ち体験と手打そばの振る舞いを行いました。小学生は前日の日曜日が学校でバザーの行事が有り月曜日が振替休日となった為小学生を対象にそば打ち体験をして貰いました。

延岡市若葉町にある児童養護施設「みどり学園」で午後3時からそば打ち体験と手打そばの振る舞いを行いました。小学生は前日の日曜日が学校でバザーの行事が有り月曜日が振替休日となった為小学生を対象にそば打ち体験をして貰いました。

それぞれの事情で両親から隔離された生活を送っているため本人が確認できる写真撮影は禁止されているので、今回は写真を撮っておりません。

小学生には前掛けと頭は三角巾で結び両手を洗って支度をしてもらい10数名が体験をしましたが、職員の方には記念に残るように体験しているその姿を何枚も撮って貰いました。幼児2名、小学生15名、中学生4名、高校生3名、職員10名の計34食を午後4時半から湯で上げて振舞ってまいりました。

昨年は私の店舗「中山邸晨翁蕎麦」開店準備などで行われませんでしたが、「みどり学園」での蕎麦打ち体験と振る舞いは今回で4回目となりました。みんなに楽しんで貰えた様で来年の訪問を約束して学園を後にしました。

10日付の宮崎日日新聞に掲載された通り小規模多機能型居宅介護支援事業所「かねの音」 を訪問そば打ち体験をして頂き、打ち上げたそばを試食してもらいました。

10日付の宮崎日日新聞に掲載された通り小規模多機能型居宅介護支援事業所「かねの音」
を訪問そば打ち体験をして頂き、打ち上げたそばを試食してもらいました。

先月の6日に播種したそばが丁度一か月半に成るので見に行ってきました。よく観察する と蜂が結構な数蜜を吸いに飛んでいました。

先月の6日に播種したそばが丁度一か月半に成るので見に行ってきました。よく観察すると蜂が結構な数蜜を吸いに飛んでいました。収穫前に霜に当たらなければ良いなと心配しているところです。

宮崎そば打ち倶楽部の練習日当初12名の参加予定でしたが直近になりそれぞれ予定が入り9名の参加となりました。前回と同じ弟子屈産の摩周そば粉(キタノマシュウとキタワセのブレンド)を使用しました。

宮崎そば打ち倶楽部の練習日当初12名の参加予定でしたが直近になりそれぞれ予定が入り9名の参加となりました。前回と同じ弟子屈産の摩周そば粉(キタノマシュウとキタワセのブレンド)を使用しました。
我が店舗中山邸晨翁蕎麦では10月初めから黒松内産の奈川在来種の新そばをお出ししておりましたが、摩周そばの方が自分の好みに合うようですので今週から替えてお出ししようと考えております。

21

宮崎ガス主催の体験そば打ち教室が10名の参加で開かれ、内9名が全くの初心者という事でした。

宮崎ガス主催の体験そば打ち教室が10名の参加で開かれ、内9名が全くの初心者という事でした。北海道黒松内産の奈川在来種の新そば粉を使用して、殆どが初心者という事で少し時間を掛け丁寧な説明に心掛けて模範打ちを行いました。終了時には1名が本格的に教わりたいと宮崎そば打ち倶楽部への入会を申し出てくれましたので、嬉しい限りです。

7日の日曜日には宮崎ガスの情報館にて、弟子屈産の摩周そば粉を使用して、宮崎そば打ち倶楽部のそば打ち練習を行いました。

7日の日曜日には宮崎ガスの情報館にて、弟子屈産の摩周そば粉を使用して、宮崎そば打ち倶楽部のそば打ち練習を行いました。

9日の午後2週間に渡り立て続けに来た台風の影響が心配に成り、根付いたそばを確認に行って来ました。写真の状態でしたので先ずはホッとしたところです。

6日に行縢(むかばき)山麓に播いた蕎麦の状態を見に行ってきました。写真の様に鳩に食べられる事もなく(以前食べられた事が有る)根付いて居ました。これからを楽しみにしています。

6日に行縢(むかばき)山麓に播いた蕎麦の状態を見に行ってきました。写真の様に鳩に食べられる事もなく(以前食べられた事が有る)根付いて居ました。これからを楽しみにしています。

遅れましたが我が店舗中山邸晨翁蕎麦でも今月末から新そば粉での蕎麦をお出しする予定でおります。

宮崎そば打ち倶楽部の練習日予定では本日から新そば粉での練習でしたが、皆さんもご存知の様に今年の北海道は連日の天候不良でそばの収穫が大変遅れており、来月からに持ち越しとなりました。来週には新そば粉が届く予定ですが残念ながら今年の収穫量は大分少ない様です。遅れましたが我が店舗中山邸晨翁蕎麦

でも今月末から新そば粉での蕎麦をお出しする予定でおります。





 

毎年延岡の行縢(むかばき)山麓に植えていた蕎麦でしたが昨年は収穫予定1週間前に霜に遣られました。今年はこれを教訓に幾分早く播種を致しました。

毎年延岡の行縢(むかばき)山麓に植えていた蕎麦でしたが昨年は収穫予定1週間前に霜に遣られました。今年はこれを教訓に幾分早く播種を致しました。常陸秋そばの玄蕎麦5㎏を播いたのですが今年はどうなるか今から楽しみです。収穫後は製粉して二八蕎麦「行縢蕎麦」と命名して地産地消してみます。

畑は標高高く、水はけ良く、寒暖の差が有るので恐らく良いそば粉が期待できそうです。後は製粉が上手くいくかですね。どちらにしても楽しみにしています。

宮崎そば打ち倶楽部の練習日、模範打ちのそば粉は北海道黒松内産長野県奈川在来種を使用しました。

宮崎そば打ち倶楽部の練習日、模範打ちのそば粉は北海道黒松内産長野県奈川在来種を使用し、普段は加水量の上限51~52%(自分の水回しの仕方では同じ硬さに仕上がっても常に弟子たちより1~2%多く入る)でしたが、今回は下限46%強で捏ねをしっかりと十分に行いやや細く打ってみました。食べた感じは細くやや硬いけどシッカリと腰とモチモチ感は感じられました。普段打っているのとどちらも美味しいけど後は「好みの問題」の様です。